2020年6月24日号。<日本政治の簡単な読み方:倉山満>

<日本政治の簡単な読み方:倉山満>


 おはようございます。ヨロンです。

 都内はかなり人の出が戻ってきて、通勤時間帯を避けても、路線や区間によっては座れないくらい混んでいるケースが出てきました。メールでもいろいろと状況をいただいています。
 今までも、なるべく混んでいる時間帯を避けて移動していましたが、最近は来客や用事が無い日は出勤せず、自宅で仕事する日が増えてきました。
 毎日決まった時刻に出社しなければならない方は、精神的にも大変だと思います。テレワークも結構ストレスが溜まるもので、そこを認識していないと、ただイライラする中で必要以上に間食を採ったり、昼からビールを飲んでしまったり、体調を崩してしまいがちなので、気をつけたいものです。


 ジャニーズの手越祐也さんと言えば、規律の厳しいジャニーズの中で、未成年との飲酒でニュースになったり、緊急事態宣言時のパーティーや安倍昭恵さんとの花見飲み会がニュースとなり、お騒がせアイドルとして有名です。
 所属グループがNEWSというのは洒落ではないと思いますが、その手越さんがジャニーズ事務所をクビになり、記者会見を開きました。

 記者会見のあと速攻でツイッターが開設され、ユーチューバーとしてもスタートしたところ、注目度は満点なので、ツイッターなどは1日でフォロワーが100万人ほどになるという事態に。
 最近、ユーチューバーデビューする芸能人が増えていますが、非難されているにも関わらず、それを逆手に取ってプロモーションに使ってしまう強かさは、バックに広告代理店(電通?笑)がついているのではないかと思うほど。
 それでも、中身がなければ徐々に忘れられてしまうのですが、ある意味コロナを機に出てきた新たな「働き方」として注目しています


 明日の血気酒会でも取り上げると思いますが、河井夫妻問題が止まりません。昨年の参院選以外の選挙でもカネを撒いていたという報道が出てくれば、先日実刑判決の出た河井案里氏秘書の立道浩被告が控訴するという方針を決めました。
 こうなると、連座制適用による河井案里氏の当選無効とはならずに、事件は長期化していきます。一番の注目点は河井克行氏の裁判ですが、長期化することによって今後もいろいろと報道が出てくるので、離党したとは言え、自民党にも政権にも良くない材料であると言えます。
 こうなると、解決策としては河井夫妻の議員辞職しか無いのですが、それでも居座る理由とは何なのでしょうか。裁判で勝てると思っているのか。


 今日の倉山さんの政治コラムは「ポスト安倍」から始まります。こうして裏や実態を具体的に説明してもらえると、とてもわかり易いし面白いですね。それにしても、あの人がキーマンとなっているのは同感です。私の友人が派閥にいるので、複雑な心境ですが、こちらの行方も気になるところです。

—– : —– : —– :

「日本政治の簡単な読み方」

倉山満(憲政史研究者)

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。