2020年6月25日号。<一芸百芸 ~「ただ生きるな、善く生きよ」は難しい~:水島二圭>

<一芸百芸 ~「ただ生きるな、善く生きよ」は難しい~:水島二圭>

 おはようございます。ヨロンです。

 今朝4時47分頃、千葉県東方沖で震度5弱の地震がありました。
<関東で早朝に震度5弱の地震 緊急地震速報も発表>
https://weathernews.jp/s/topics/202006/250055/
<4時47分頃に発生した地震の震源は千葉県東方沖で、震源の深さは約30km、地震の規模を示すマグニチュードは6.2と推定されます。この地震による津波の発生はありませんでした。>

 横浜鶴見区では震度3。私は寝ていてスマホの緊急地震警報も鳴らなかったので、揺りかごで長く揺れているように夢心地でいたくらいですが、場所によっては結構恐怖も感じたのではないでしょうか


 昨日は、東京で新型コロナウイルス新規感染者が55人出たということで、緊張感が高まっています。とはいえ、東京アラヨットならぬ東京アラートは非難が大きかったからか発令されず、小池都知事は「専門家に分析を任せる」と言う程度に留めていました。

 国では、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が廃止されるということで、昨夜は記者会見が行われていました。朝日新聞にかなり詳しく背景が載っていましたが、有料記事だったので日経の記事を載せます。こちらは短く端的にまとめられています。
<危機感で「前のめり」 専門家会議、助言のあり方課題>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60747630U0A620C2CR8000/
<政府が24日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議を廃止し、関係閣僚会議の下に新たな組織を設置する方針を示した。専門家会議のメンバーは同日に記者会見し、「あたかも専門家会議が政策を決定しているような印象を与えた」とこれまでの対応を省み、「政府との関係性を明確にする必要がある」と提言した。>

 専門家会議に関しては、当初から経済や防災、教育などの専門家も入れて、幅広い見地からの提言をすべきだという批判がありましたが、今になって「あのときは実はこうだった」的なことが暴露され、今回の会見にしても政府との調整不足が露呈するとなると、一体政策の基盤はどこにあるのか心配になります。
 政府は新たな会議体を発足させるということですが、その前にこの専門家会議と政府の関係をしっかり精算させなければ、また主導権も指示系統も曖昧なまま進むように感じるのですが、どうでしょう。


 コロナが落ち着いてきたからこそ、様々な分野で問題点が明確になり、体勢を見直す時期に来たとも言えます。
 何度か「まずは国内需要で成り立つように見直していくべきだ」と、「猫も杓子もインバウンド」的なものからの脱却を指摘してきたところ、HISは海外から国内旅行中心に方針を転換するようです
<HIS、国内店舗の3分の1閉鎖へ 国内旅行に注力>
https://digital.asahi.com/articles/ASN6S6W6XN6SULFA023.html
<旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は24日、新型コロナウイルスによる業績悪化を受け、来夏をめどに国内店舗約260店のうち、3分の1にあたる80~90店を都市部を中心に閉鎖すると明らかにした。年間で約200億円のコストを削減する。>

 海外ではまだまだ多くの地域で感染は拡大中で、アメリカでも昨日は最大の新規感染者数だったことで、観光にしろビジネスにしろ、国を跨いだ移動は今年いっぱいはかなり制限がかかるでしょう。日本には、それでも多くの外国人が特別に入国を認められていますが、それは別の話なので今回は置いておきます。
 飲食店も宿泊業も、外国人需要が多かったところは、早めに国内需要中心に転換しないと、バタバタと倒れていくことになります。政府や自治体の給付金等の支援も限界があり、国会が休会しているため、新たな支援に予算をつけられない。
 小池さんではないけれど、これからは「自衛」が求められていくことになります。


 そんなコロナ対策も議論されるはずの都知事選挙では、圧勝が予想されている小池さんが、「公務に専念する」という体で隠れる戦略を取っています。また、相変わらずの広島公選法違反事件も新たな事実がいろいろとわかってきて、今後の総裁選レースや衆議院解散にも影響が出そうな感じですし、メディアのあり方やテレビ・映画などの番組制作や芸能人の活動も大きく変ってきています。


 毎日ネタはありすぎるほどで、頭がなかなかついていかれない状態が続きますが、今夜も『新・血気酒会』を行います。非公開の最新データを用いた都知事選の結果予測も、大胆に出してみます。

 今回は、試食コーナーもあり、コメンテーターとしてゲストも来てくれそうなので、また先週とは少し趣が変わります。ただ、ここのところ長過ぎるので、今日は基本は1時間。そのあと飲み会的に少し続けるといった形式にします。
 Zoomでの参加は見るだけになってしまうかもしれませんが、参加しやすい形でご覧ください。

 都議選の予想などについては、明日のメールで結果をお伝えします

【ライブ】晩酌動画:『新・血気酒会』vol.38 「都知事選をしゃぶり尽くせ!国会はどうなる?ワタベは?アンリは?」

YouTubeライブ
https://www.youtube.com/watch?v=bwMMM5j6sRM

Facebookライブ
https://www.facebook.com/katsuyamasahiko/live/

Zoom
https://us02web.zoom.us/j/89677545601?pwd=eU5mUTVSVUZZOVlUcHdkSkNlcTJjQT09


 今日の水島先生の「一芸百芸」に「クライテリオン」という雑誌の紹介が出てきます。聞いたこと無いという方も多いと思いますが、保守思想誌というにも関わらず右から左までバランスの良い記事が掲載されているので、ご紹介しておきます。
表現者「危機」と対峙する保守思想誌「クライテリオン」
https://the-criterion.jp/

—– : —– : —– :

一芸百芸  ~「ただ生きるな、善く生きよ」は難しい~

 水島二圭(書家)

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。