2019年10月12日号。<超大型台風19号接近中 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二六回「汚れた街の真ん中で」:東良美季>

 おはようございます。ヨロンです。

 ただいま朝9時。横浜市鶴見区では大粒の雨が降り注いでいるものの、風はほとんど吹いていないようです。
 台風19号は、八丈島の西南西約280kmを時速20キロで進んでいて、中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は45m/sとなっています。これが、少しずつ勢力を弱めながら……と言っても、それほど弱まらずに今日の夕方過ぎに上陸する見通しとなっています。

 昨日は”地球史上最大”などという大げさな表現を紹介したところ、それ自体誤訳から来ているものとの指摘を受けて、もっと確認してからにしたら良かったと思いました。それでも超大型であることには変わりなく、すでに停電などの影響も出てきています。
 こんなときNHKは映像で状況を伝えてくれますが、やはりネットの方がリアルタイムの情報を受け取るには適していますね。
 ツイッターは有効ですが、フォロー先の質によって受け取る情報に個人差が出てくるので、このようなサイトで概要を掴んでおくのが良いと思います。
tenki,jp
https://tenki.jp/bousai/typhoon/1919/
もしくは、Yahoo!で自分の家のあたりの状況を確認するとか。現在横浜の警戒レベルは3相当で、「高齢者等は避難」となっています。これが4になると「いますぐ避難」となります。

 私の家(マンション)は坂に建っていて、大規模修繕工事の足場が周りに組まれています。マンションはネットで覆われているので、風が強くなった場合に、この足場やネットがどうなるのか不安はあります。あとは地すべりも。

 それと同時に、千代田区(東京都)にある事務所や長野の実家、さらには台風15号で大きな被害を受けてまだ復旧中の千葉や福島の原発など、家に閉じこもっていても気になって落ち着きません。

 このマンションは立体式駐車場で、停電時は非常用電源で動くようになっているのですが、長時間は無理だろうし、避難勧告が出てしまったらそれどころではなくなります。
 停電になった場合、非常用電源が設置されておらず、近くの階で止まるといった仕組みのないエレベーターでは、閉じ込められてしまう人も出てくるでしょう。
 医療や介護の現場では、停電や断水時にも対応しなければならないところも当然あるわけですし、今までの大規模災害を参考に、準備が進められていることと思います。関係者の方は家のことだけでなく仕事現場の対応も求められて大変だと思いますが、まずは自分を大事にしていただきたいと思います。

 さて、今日は家で映画を観たり本を読んだりされている方も多いのではないでしょうか。
 トーラさんの小説をお送りします。いつものような感じで読んでいくと最後に……あれ?どんな展開になっていくのか。

—– : —– : —– :

一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。 第二六回「汚れた街の真ん中で」

東良美季(作家)

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。