2019年9月8日号。<京浜急行復旧/恐るべき小学生(前編)>

 おはようございます。ヨロンです。

 京浜急行は昨日復旧しました。近所の生麦駅に見に行くと、いつもどおり爆速で「あらよっと!」と、目の前を通り過ぎていきました
 事故の映像がいくつも流れています。あの事故発生から2日間で復旧させるのは凄い。京浜急行というと、学生時代に通っていた日の出町や黄金町などの悪い印象があります。日の出町は場外馬券売り場で、隣の黄金町はヤクザのイメージです。平和島もありますね。
 日曜日になると、競馬新聞と赤鉛筆を持ったオッサンが日の出町駅で降りていきました。私は近くの伊勢佐木町の本屋でアルバイトをしていたので、その雰囲気が嫌でした。これは以前書きましたね。
 京急は決してオシャレな雰囲気ではありませんが、羽田空港からの足にもなっていますし、地元だけでなく鉄道ファンからも愛される電車です。私も「嫌だ」と言いながら、結構好きなのかもしれません。
 空いている時間帯、快特の京急蒲田~品川間に乗ったときの疾走感は格別です。また、年に何回かは、京急鶴見駅でエアポート急行を待っているときに、向かいのホームに三浦海岸行きが通過すると、「あれに乗って三浦海岸に行って遊びたいなあ」と思います。
 『シン・ゴジラ』では、ゴジラに破壊される電車として、JRは拒否したものの京急は承諾し、見事にゴジラに破壊されたため、鉄道ファンから絶賛されたという話もあります。

 まだ現場検証や、死亡した運転手の行動分析が行われています。通常通らないような道に大型トラックが入っていったのは謎ですが、カーナビの無いような車で、しかもひとり。知らない細い道に入り込んでしまったことで、パニックになってしまったのでしょう。
 ワイドショーでは「バックすれば良かった」「海外では走行ルートを戻ることができる装置がついていると聞いたことがある」と適当なことを言っているコメンテーターがいました。大型トラックにひとりで乗っている運転手が、どうやったら補助も無しにバックできるのでしょうか。カーナビも無い中で、前に進んで解決するしか無かったのではないか。

 もうひとつ。電車の運転手の手動ブレーキのタイミングが適切であったか、という疑問もあります。
 運転手は「ブレーキをかけたが間に合わなかった」と証言しているようですが、まさか神奈川新町駅の向こうで大型トラックが線路を塞いでいるとは想像できなかったはず。警告ランプを見てから手動ブレーキをかけたタイミングが遅れた可能性は無かったのか。そこに人間の判断が入る限り、絶対はありえません。

 毎日いくつも感想をいただきます。血気酒会でのボストンのTシャツを指摘してくれたり、音声に変なノイズがあったとか。政治ネタや、毎日のメールの感想を丁寧に書いて送っていただくこともあります。

 いただくメールを読んでいると、職業もさまざまです。医療系の話を書けば、医者から専門的なアドバイスが送られてきますし、車、鉄道、旅など、さまざまな分野の専門家に購読していただいています。
 勝谷さんは、特に鉄道関係の話は慎重に書いていました。というか、突っ込んだ話はほとんど書きませんでした。
「何で書かないの?」と聞くと、「鉄道は難しいんだよ。生半可なことを書くと、すぐに指摘が来るんだ。鉄ちゃんは怖いぞ」と言っていました。
 そんな多彩な読者の中に、翻訳家の方がいらっしゃいます。今回紹介する漆嶋稔さんです。プロフィールを文末に掲載しましたので、ご覧ください。

 漆嶋さんは、nippon.com というサイトで、主に中国事情や日本との関係、歴史に関することなどを執筆されています。
https://www.nippon.com/ja/authordata/urushima-minoru/
 先日、中国と日本の死生観の違いを書かれたコラムが面白かったので、是非ここでも何か書いていただくようお願いしました。
 nippon.com に寄稿されているような深くて濃いコラムよりは、日曜日に少しゆったりとした雰囲気の中で読めるようなものが良いと思っていたところ、まさにそのようなお話を送っていただけました。

 全4話あるのですが、2話ずつまとめて2回に分けてお送りします
 重くはなく、少し不思議な世界観を感じさせるお話です。

—– : —– : —– :
(十数年前の実話であります)

<恐るべき小学生 Part 1>

漆嶋稔(翻訳家)

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。