2019年6月23日号。<横尾忠則と長岡秀星/使えないSDカードは/「ViVi」と自民党のコラボキャンペーンで見えてくる悪いやつ>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨日は、「ほらね。ウルトラ雨男というのは本当でしょ」と何度も言うくらいの雨の降り方でした。

時系列的に書いてみます。
・上野駅公園口前での演説撮影。途中からパラパラ降り出すも、傘を差すほどでもなく終了。
・「OSMO Pocket」というアクションカメラを使って、移動の車中でドキュメンタリー風に撮影。
・谷中銀座の練り歩きを撮影。途中、突然ゲリラ豪雨が。カメラ2台以外には何も持ってきておらず、カメラを守ったら、雨宿りが間に合わず自分がびしょ濡れに。
・浅草雷門前で街頭演説。車の屋根に乗るパターン。私も乗り、候補者と雷門とスカイツリーが入るアングルで撮り続ける。このときだけ唯一雨は降らず。
・上野広小路松坂屋前で街頭演説。途中から大振りの雨。位置が悪く、道路の反対側から望遠で狙うも車の音が大きく、音声的には失敗。
・秋葉原駅前。やはり途中から大粒の雨。

 アメフルを見ればゲリラ豪雨でも予想ができるので、カッパを持って行けば良いのではないか、とか、軽い三脚を持っていけば良かったとか、いろいろ反省はあります。カメラ用レインカバーは持っていって初めて使ったのですが、あれは写真撮影用であり、映像を撮ろうとすると、雨の音がパリパリと大きく入ってしまいます。
 テレビ局のように、カメラマン、撮影補助、マイクブームポールを使ったマイクでの音撮りなど、少なくとも3人くらいいればなんとかなったと思いますが、降ったりやんだりの中でカメラを2台持ちながらの手持ち撮影は、かなり困難でした。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。