2019年6月13日号。<一芸百芸  ~神は細部に宿る~:水島二圭>

 おはようございます。ヨロンです。

 本日18時から、『ヨロンブス』第18弾をお送りします。
 『ヨロンブス』は、昨年7月から私が配信している対談ネット番組です。事務所に設置した一眼レフカメラ3台に単焦点レンズを付けて、Roland VR-4HD というビデオ・スイッチャーを使って自動でカメラスイッチングを行なっています。
 一回目のゲストは、衆議院議員の橋本岳さん。その後蓮舫さんや平将明衆議院議員、政治学者の鈴木崇弘さんや、トランプ関係の話で最近よくテレビに出ている中林美恵子さんなど、基本的に、私の友人や面識のある方に出ていただいています。前回のゲストは高野登さんでした。
 配信に集中できる『血気酒会』でもトラブルが多いのに、自分で喋りながら配信も気を使うとなると、なかなか満足のいくものができません。迂闊屋に見ていてもらうときは、まだ良いのですが、前々回の血気酒会のように、カメラ2台の左右が反転していたということは、想像もしていない事態なので、コメントで気がついたときはすでに30分以上過ぎていて、しかもどうにもなりませんでした。

 毎回、カメラの位置を大幅に変えたり、新しい機器を頻繁に入れたりしているのも、トラブルを起きやすくしている要因でもあるのですが。さて、今回はどうなるか。

日時:6月13日(木)18時~
ゲスト:小阪有花(旧芸名:小阪由佳)
ミスマガジンのグランプリを受賞して芸能界に入ったものの、精神を病んでしまい引退。その時話せたのが子どもだけだったことから、保育事業に携わるようになり、10年間子どもを相手に活動してきたということです。今日は、彼女自身の生き方から、保育事業の持つ問題点や解決策などについて話してみたいと考えています。

FacebookLive
https://www.facebook.com/RadioVoiceJapan/posts/443489086216354

YouTubeLive
https://youtu.be/OaYw7Xbuq0k

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。