2020年11月20日号。<三耕探究(第10回)「ミンスキーとポンツィ」:大塚耕平>

<三耕探究(第10回)「ミンスキーとポンツィ」:大塚耕平>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨日、「勝谷誠彦三回忌」イベントをお知らせしましたが、11月28日に予定していた東京麺通団での開催を延期することにしました。
 パロマスとT-1君が相談し、現状のようなコロナ感染拡大状況下では、貸し切りで大人数のイベントを行うのは避けるべきだという結論になりました。パロマスが手術を終えたばかりで体調が万全でないということもあります。
 すでにお申込みもいただいていますが、延期ということでお願いいたします。申し訳ありません。

 大阪は日程が少し先になるのと、店内が密にならない程度の広さであることから予定どおり進めますが、今後のコロナの状況によっては延期もありうるので、ご了承ください。

 昨日は、朝メールをお送りした後、9時からウェブ関連の打ち合わせを行い、その後撮影・配信機材の設置場所変更や事務所内の片付けを行いながら通常業務を続け、大学の講義の準備をしてから90分間喋りとおして、夜の血気酒会に臨みました。

 血気酒会では配信機器のLiveShellが不調で、Facebookに全く信号を送れず、配信ができませんでした。同じ機器から送っているYouTubeは、時折インターネット回線不調の警告が出るものの特に問題無く配信できていたので、機器を再起動させるわけにもいかず、結局Facebook配信は諦めました。
 その前の大学の授業で「トラブルを起こさないのではなく、トラブルが起きたときに、全体に影響を及ぼすこと無く切り抜けることができるのがプロだ!」と偉そうに言っていたのが恥ずかしい。
 それにしても疲れました。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。