2020年10月16日号。<「同一労働同一賃金」を考える / 三耕探究(第5回)「夏目漱石の草枕」:大塚耕平>

<「同一労働同一賃金」を考える / 三耕探究(第5回)「夏目漱石の草枕」:大塚耕平>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨日は、昼に長野から帰京し、そのまま準備して武蔵大学のオンライン授業を行いました。タイトルは「ライブ配信のトラブル」(笑)。
 冒頭5分で、買ったばかりのパナソニックX1500から出ている映像が切れました。原因は、録画していないときに、一定時間で電源が切れる「エコモード」がオンになっていたから。これもトラブル事例となりました。

 講義が終わり、休む間もなく血気酒会の準備を始めましたが、ギリギリで突入したので、なんとかオンタイムで始められたものの、Zoom参加者の音声レベルの調整はできませんでした。番組の最中に調整していったので、後半はだいぶ改善されたと思うのですが。

 T-1君とは「短くしよう」と言いながら毎回始める『新・血気酒会』。昨日はいつもより長めで、YouTubeとFacebookで流している部分で2時間強。さらにZoom飲み会を入れると3時間を超えてしまいました。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。