2020年8月8日号。<無言館が放映される / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二回「あなたの人生を変えた映画、何ですか?」:東良美季>

<無言館が放映される / 映画・音楽・本について今、僕が語ること。~第二回「あなたの人生を変えた映画、何ですか?」:東良美季>

 おはようございます。ヨロンです。

 昼は走るどころか歩くのも厳しい日が続いています。
 先日8月3日の昼に皇居ランをしたところ、あまりの暑さに熱中症で倒れそうになりましたが、本来であれば今日は女子マラソン、明日は男子マラソンが行われました。競歩は6日と7日に行われる予定でした。
 今日の札幌の最高予想気温は25℃。東京は朝の段階で30℃を超えているので、会場を札幌に移したのは正解だったと言えそうです。それでも、他の陸上競技や球技などはどうなっていたか。来年のオリンピック実施は困難な状況にありますが、行われるにしても同じスケジュールで良いのかどうか、今この時期に考えてみるのも必要ではないかと思います。


 私の故郷の長野県上田市には「無言館」という美術館があります。
 ここは有名な画家の作品ではなく、徴兵によって夢を絶たれた戦没画学生たちの遺した絵が展示されています。
 作家の窪島誠一郎さん(水上勉氏の息子)が館長として、開設・運営しています。遺族に面会し、ひとつひとつ時間をかけて説得し提供してもらってきました。この無言館を開設するために2億円以上の借金をし、自分の作品の売り上げや講演会などの報酬もつぎ込んで運営しています。

 ネットで検索すると、こちらのような説明は見つかるのですが、館内は撮影が禁止されているので、作品は見ることができません。

一度だけでも見てほしい!信州上田「戦没画学生慰霊美術館 無言館」
https://www.travel.co.jp/guide/article/15778/

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。