2020年7月25日号。<新しい花火大会 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その9」東良美季>

<新しい花火大会 / 一九八二年、僕はエロ本の出版社に入った。~連載を終えて~「長いあとがき・その9」東良美季>


 おはようございます。ヨロンです。

 昨夜は全国で花火が打ち上げられました。観られた方も多かったのでは。
<全国一斉、花火打ち上げ 「幻の五輪開幕日」>
https://news.yahoo.co.jp/articles/02e44ef0acc448daee57b739f46ed62007fc02b7
<新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京五輪の開幕日とされていた24日、日本青年会議所は「新しい日本をはじめる合図」と銘打ち、全国で一斉に花火を打ち上げた。>

 コロナの影響で夏祭りがことごとく中止になっている中で、このような試みは花火業者救済という目的だけでなく、新たな可能性の模索も含めてとても良いことだと思います。

 私は花火大会には行きません。それは長野にいたころに諏訪の花火大会を車で見に行ったとき、渋滞にひっかかって着いたら終わっていたということがあります。場所取りとか、そもそも人混みが苦手だということもあります。
 それでもお祭りは大好きです。縁日に浴衣で歩くというのは憧れますし、花火も離れたところからビールを飲みながらゆっくり見たいと思います。もともと踊りも好きなので、盆踊りの音楽が聞こえてくるとワクワクします。郡上八幡の盆踊りなんか、一ヶ月滞在して毎日踊りに行きたいくらい。

 諏訪の花火大会はいつもテレビで放映していたので観ていました。しかし違和感がありました。
 それは、花火をアップで映すからなんですね。綺麗で迫力ある映像にしたいのはわかるのですが、距離感がわからないので実感が無い。おそらく見る人は花火全体と音と雰囲気を楽しみたいのでしょう
 そうすると、定点カメラで良いのです。無理にズームする必要はない。たとえば、こんな感じです。
花火師が選ぶ日本一の花火大会 神明の花火 2019 グランドフィナーレ
https://www.youtube.com/watch?v=e4Cz4I1Ge9A

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。