2019年10月16日号。<~運がいい人は、メモとゴミ捨てが好き~ 沢木文の愛と青春の朝立ち>

 おはようございます。ヨロンです。

 明日17日(木)19時から『新・血気酒会』を行います。詳細は明日。今回は依田さんが来られないので、T-1君とふたりでお送りします。内容は未定ですが、台風の話題から始め、計画中のプロジェクトの紹介などになると思います。

 周りを見ると、台風のときに多摩川のホームレスの心配をしていたのは私ぐらいだったのですが、やはり亡くなった方がいたようです。
<台風の影響か、東京でホームレスの男性死亡>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000070-kyodonews-soci
<警視庁は15日、東京都日野市の多摩川河川敷で14日午後にホームレスとみられる男性の遺体が見つかったと明らかにした。台風19号の影響で増水した川に流され、死亡したとみられる。>

 多摩川の河川敷はかなり広いのですが、橋の下に逃げようとして濁流にのまれてしまったのでしょうか。他にも流されてしまった方もいるのではないか。亡くなった男性は被害者としてカウントされるのだろうか。住所不定となると行政区の被害者カウントには入らないので、身元不明の死者として処理して終わりということになるような気もします。

 首都圏外郭放水路についても、思いつきで13日のメールで取り上げましたが、やはり稼働していたようで、色々なメディアが取り上げていました。
<台風19号、外郭放水路は能力一杯、荒川調節池は史上2度目の稼働>
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/101500772/
<今回の台風では5つ全ての河川で水位が上昇し首都圏外郭放水路が稼働した。「能力はほぼ全て使ったと言える。フル稼働という表現に近い(国土交通省江戸川河川事務所)」。15日午後現在も流入と排水が続いているが、現時点までで排水量は1100万立方メートル。平成27年の関東・東北豪雨では1900万立方メートルを排水するなど、年間で平均7回程度稼働している。
 他にも大きな治水機能を持つのが、荒川だ。埼玉県にある荒川第一調節池は、規定の流入堤の水位を超えた時点で調節池に流入させる仕組みになっている。平成16年の完成以降で調節池に水を流入させたのはわずか1回で、今回が2回目となる。計画上では3900万立方メートルの貯水容量を持っており、前回(平成16年)でも流水量は3万立方メートル前後だった。「そもそも、調節池が稼働することがめったにない(国土交通省荒川下流河川事務所)」といい、今回の大雨の激しさを物語っている。>

 荒川は、いつもマラソン大会で実感していますが、下流域の河川敷は広く、もともと治水効果は高いと思われます。今回、23区内での広範囲な浸水が予想されていましたが、こうした治水機能が働いたことで、23区内の3分の1が浸水被害に合うといったようなことは起きませんでした。代わりに住宅地での氾濫や、大きな被害が予想されていなかった長野、北陸、東北での堤防決壊や土砂崩れがあったわけですが、都内の治水対策と地方のそれとを比較検証することが求められます。国や自治体はどこまで突っ込むのか。

 地裁判決が出ました。この刑は軽すぎるのではないか。
<目黒女児虐待死、父に懲役13年 「感情に任せ理不尽」東京地裁>
https://this.kiji.is/556719134083826785
<東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親雄大被告(34)の裁判員裁判で、東京地裁は15日、懲役13年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。「食事制限や暴力は、しつけという観点から懸け離れていた。自らの感情に任せた理不尽なものだった」とした。>

 求刑が18年というのは、今の法律で限界なのでしょう。満期だとしても出所するときは47歳。更生できるかどうかはわかりませんが、根本的に人間としての何かが欠けているので、船戸雄大は人生の幕引きをさせてあげるほうが良いと思うのですが。
 NPOシンクキッズ後藤啓二さんのコメントに注目すると同時に、以前から検討していたゲスト出演も求めていきます。

 沢木文さんのコラムです。私はそれほど物に執着が無いのですが、なかなか捨てられない方だと思います。でも、何年も使っていないものを見ると、エイヤっと捨てたくなり、この1年で自宅と事務所で6トンほどのものを捨てました。それでもまだまだ不用品だらけ。勝谷さんは本当に捨てられない人でしたね。
これからの1年は「捨てる」ことでまずは身軽になるつもりです。

 沢木さんには、豊富な取材や実体験を通じてわかったビジネスや生き方のヒントを中心に、連載していただきます。

—– : —– : —– :

沢木文の愛と青春の朝立ち
運がいい人は、メモとゴミ捨てが好き

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。