2019年7月24日号。<自民党は勝てたのか:自民党側から見た景色:橋本岳>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨夜は、久しぶりにBSフジのT氏と呑みました。途中からフジテレビのI氏も加わり、終電時間を過ぎてタクシーで帰って来るほど、選挙の話で盛り上がってしまい、今朝はまだ頭がクラクラしています。
 竹島においてロシアと韓国がトラブルを起こし、I氏は担当になっていたようで、そちらも気にしながらの飲み会となりました。
<政府、韓国とロシアに厳重抗議 竹島上空での侵犯・射撃>
https://www.fnn.jp/posts/00421308CX/201907232023_CX_CX
<韓国が不法に占拠している竹島周辺で、ロシア軍機が領空侵犯し、韓国軍が警告射撃を行った問題で、政府は、韓国とロシア両国に厳重に抗議した。>
 これは、人の家の庭に勝手に住んでいる奴が、隣の家と喧嘩を始めたような話で、我が国からしたら「人んちの庭で喧嘩すんじゃねえ。両方とも出ていけ」と強く講義するのはあたりまえ。この際、韓国にも出ていってもらうことを要求するべきで、徴用工問題を発端とした輸出規制に加え、さらに緊張感は高まるでしょう。

 私が顧問をしている『選挙ドットコム』に記事を書きました。
<つまらなかった?そんなことはない参院選2019 そしてこれから起きる面白そうなこと>
http://go2senkyo.com/articles/2019/07/24/43090.html

 一昨日このメールに書いたようなことを、選挙ドットコムから「記事として掲載したい」と頼まれて少し書き直そうとしたところ、全面的に書き換えることになりました。

 昨日もお伝えしましたが、今回私は野党統一候補の応援をしていたため、どうしても見方が野党側からのものになります。なるべく真ん中から見るようにはしているけれど、これは仕方ない。

 そこで、橋本岳さんが「自民党側から見た」参院選について書いてくれました。
 こうして、野党側と与党側からの記事が読めるというのは、この『××な日々。』ならでは。みなさん、お得ですよ。と、勝谷さんだったら自慢するででしょうね。与党側、野党側と言うよりは「勝谷側」と言えそうですが。

 今回、岳さん陣営の対抗馬となったハラケンこと原田謙介君とは、彼が大学生のころからの付き合いです。もう10年以上。
昨年は『ヨロンブス』にも出てもらいました。最後に、政治家になる気持ちがあるかどうか聞いていますが、この番組が終わってから「実は来年似参院選に出るんです」と打ち明けられました。
https://radiovj.jp/2018/08/20/yoronbus/248/ 

 親子ぐらいな年の差ですが、私は友人としてつきあっているつもりなので、その彼が故郷の岡山から参院選に出ると聞いたときは正直驚きました。
 そして、彼がネトウヨ向けメディア風の『政治知新』というサイトで誹謗中傷記事を出されたと聞いて、岡山まで行ったのが4月24日。このときはオフ会をやりましたね。

 ハラケンの選挙には全く関わらなかったので、東京からエールを送る程度でしたが、言ってみれば橋本岳さんとは敵同士。ハラケンの方が最初から劣勢で、立憲民主党にお金もなく、特に盛り返す場面も作れずに終わってしまったのは悲しくもありました。
 それが、こうして岳さんから選挙のようすを教えてもらえるのはありがたく、これをネタにして1年ぶりに『ヨロンブス』に出演してもらおうと考えています。

 ひとつ告知を。
 明日の18時から、『新・血気酒会』を配信します。T-1君が国外逃亡中のため、やろうかどうしようか迷ったのですが、依田さんが来てくれるということで、選挙総括的な話と酒の話をすることにしました。
 詳細は明日告知します。

—– : —– : —– :

自民党は勝てたのか:自民党側から見た景色

橋本岳(衆議院議員)

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。