2007年2月13日号。<拉致問題作業部会設置なき6者協議に合意するな!>。

 2007年2月13日号。<拉致問題作業部会設置なき6者協議に合意するな!>。  5時起床。  拉致問題に心を寄せるすべての日本人に申し上げたい。ここ数時間が、山場である。6者協議で、驚くべき裏切りをしようとしている安倍政権に、輿論の圧力をかけなくてはならない。  6者協議の成り行きは、優れてアメリカの国内問題だった。それに、プラス若干の支那の面子問題が加わっていた。  与野党が逆転した上院の外交委員会に、何度も呼ばれてはいたぶられているコンドリーザ・ライスは、ノイローゼ気味だという。ここでなんとか外交の成果をひとつはあげたい。それが6者協議の合意だった。  しかし、法の執行には厳格な財務省が、あんな犯罪国家を許すわけがない。  FBIの存在感でわかるように、アメリカは銃と麻薬とアルコールそして偽札を取り締まることで、求心力を維持している国家である。その権限を握っているのが財務省であり、む

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。