2007年2月6日号。<虐めを強制する虐めは、虐めの中でも最も卑劣な行為である>。

 2007年2月6日号。<虐めを強制する虐めは、虐めの中でも最も卑劣な行為である>。  5時起床。  傾けた盥の中の水のように輿論がザブンザブンと過剰に行ったりきたりするこの国にあっては、いっときメディアが取り上げた話題もすぐに忘れ去られていく。  理由は簡単で、利権談合共産主義にどっぷりと漬かった大マスコミの方々が、どの新聞もどのテレビも同じ話題をおいかけるからだ。あんなに口うるさく「環境に優しい」(嫌な言葉だ・笑)と言うなら、まずオノレらから、テレビは1波、新聞は1紙にすればどうか。無駄な資源を浪費するよりも、それで充分ではないか。  いっとき、大マスコミの全国の支局は本社の命令のもと、自分の管内でわずかでも虐め事件がないかと血眼になっていた。「う~ん」と首をひねるようなささいな事件でも、鐘と太鼓ではやし立てた。  今回のこの事件も、あのころならもっと大きく報じられていたことだろう。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。