2007年2月7日号。<かくもセンスの悪い経済専門家が厚労相を務める本当の理由>。

 2007年2月7日号。<かくもセンスの悪い経済専門家が厚労相を務める本当の理由>。  4時起床。  最初メディアは、柳沢伯夫厚労相の<若い人たちは、結婚をしたい、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけです>という発言を、問題視しないで流した。以前にも触れたように「何かヘンだな」と思いながら、互いの出方をうかがっていたのである。  聞いた瞬間に私はこれは大きな問題になると感じて、このメールかテレビで最初に火をつけてやろうと思っていたのに、さすがに今度はメディアも早かったなあ(苦笑)。  http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY200702060241.html  前回の発言の時にも書いたが、海外のメディアがこれをどう取り上げるかは、深刻な問題だ。ナチスの記憶が深く刻まれている欧米においては、完全に「アウト」であり、閣僚どこ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。