2007年2月3日号。<詐欺の根源であるチリ女を持ち上げて追いかけるメディアの阿呆>。

 2007年2月3日号。<詐欺の根源であるチリ女を持ち上げて追いかけるメディアの阿呆>。  5時起床。  テレビをつけると、チリからやってきた、本来は日本国で犯罪者として罰せれらる可能性のある売春婦が映っている。  なぜメディアはあれを追いかけるのだろう。追いかけるのであれば、青森県民の税金のうちの11億円近くが、あの女を通して闇社会に流れたということを、きちんと精査すべきではないのか。  この事件は、よくある、女に入れあげた犯罪とは額がヒトケタ違う。いくら贅沢しようと、家を買おうと、これだけのカネはなかなか使えるものではない。  カネは恐らく、彼女を入口としてどこかに流れたのだ。  闇社会に流れたカネは、次の犯罪の軍資金なのである。そのことをきっちりと精査せずに、タレントのようにアニータを追っかけているメディアが私には信じられない。  11億円を青森県は法的にアニータから取り戻すのは難し

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。