2020年8月4日号。<応援団に叱られる首相 / 逃亡の旅 第44回 ~淡路島に逃げる~:花房観音>

<応援団に叱られる首相 / 逃亡の旅 第44回 ~淡路島に逃げる~:花房観音>

 おはようございます。ヨロンです。

 昨夜は、東京でも見事な満月を見ることができました。まわりの雲が水墨画のようなアクセントを与えていて、時間帯によっては幻想的にも見えました。ISSはわかりませんでしたが、たまには夜空を見上げるのも良いものです。


 夜10時半ごろに事務所を出て帰途に付きましたが、電車は結構空いていて、余裕で座って帰ることができました。隣に人がいないので、iPadを出して作業ができるくらい。
 東京では昨日から飲食店に対し時短営業の要請が出て、緊急事態宣言のころよりも深刻に受け取っている店も多いようです。


 「アクセルとブレーキを一緒に踏んでいる」と言われる状況下で、引きこもってしまっている安倍首相や、国会を開こうとしない与党に対して、産経新聞までもが批判を始めています。
<政府のコロナ対応 首相は戦いの前面に立て 「GoTo」は一時停止を>
https://www.sankei.com/column/news/200802/clm2008020001-n1.html
<国民の不安は大きい。政府や自治体は対応に全力をあげていると信じたいが、どうにもちぐはぐな印象が強い。危機に際して望まれるのは、トップのリーダーシップである。
 残念ながら、緊急事態宣言の解除後、安倍晋三首相の存在が希薄に映る。感染拡大の防止と経済の回復という難しいかじ取りに国民の理解を求めるには、もっと首相が前面に立つべきだ。>

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。