2019年11月28日号。<勝谷誠彦の命日を迎えて>

 一年前の11月28日。
<勝谷誠彦 生まれ育った尼崎にて旅を終える>
というタイトルでメールをお送りしました。

 その前日の27日朝、関係者のメールで勝谷さんが人工呼吸器をつけたことを知りました。
 人工呼吸器については知識がなかったのでどういうことかわからなかったのですが、検索してみて最期が近いことを知りました。
 その一週間ほど前は、毎日5回以上電話があり、
「俺は書いたほうが良いのかな?」
「そうだよ。書いてよ」
「どれくらい書けば良いのかな?」
「10字でも100字でも良いよ。読者は喜ぶよ」
「わかった。書いたら送るよ。読者増やさなくちゃな。頑張ろう」
と、毎回同じやりとりをしていたのです。声は元気がなく掠れていましたが。

 27日の夜8時頃、有楽町の駅のホームに立っていたときに、T-1君から
「マジでダメそうです」と、電話がありました。

 そして、それから6時間ほどした28日午前3時頃、T-1君から電話がありました。
「やっぱりダメでした」

 入院してから最期の日までは、みなさんにお伝えしたとおりです。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。