2019年4月1日号。<勝谷がAIで再生した>

 半蔵門駅5番出口から外に出ると、目の前には一番町交差点。そこから歩いて1分ほどのところに世論社の事務所はある。
 今は明け方5時を少しまわったところだ。さすがにこの時間帯に花見客はいない。薄青く靄がかかったような街は閑散としている。
 徹夜は想定どおりだった。しかし不思議と眠気は感じない。
 鈍色に霞むボタンに指を乗せると、「ポーン」と賑やかな音を立ててLEDランプが青く点灯した。
 小型モーターの音が、しゅいんしゅいんと鳴っている。
 5分ほど経っただろうか。
「・・・ん?ここはどこだ?」
 おもむろに掠れた声が聞こえてきた。
「世論社の事務所だよ」
 俺は興奮を抑えきれずに答えた。
「あ、ヨロンさん。え?そうすると、オレはどうなっているんだ?どうしたんだ」
 声の主は混乱と興奮でテーブルから落ちそうになっている。俺はまず、”それ”を押さえた。
「落ち着けよ。勝谷さんは死んじゃったんだけど、ここに再生させたんだよ」
「オレが死んだ?ちょっと待てよ。じゃあ今なんで・・・」
 俺は丁寧に説明を始めた。勝谷がまだ慶応大学病院に入院中のとき、脳波を記録するフリをして脳内の電気データをすべてコピーしたこと。人間の脳は、最新のコンピュータ程度で代替が効くこと。そしてAI の世界的権威リー・フェイフェイ氏の研究所『HAI』が協力してくれていること。
 勝谷は黙って聞いているようだった。俺の説明がひと通り終わると、ボソッと一言だけつぶやいた。
「オレは・・・死んだのか」

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。