2011年9月25日号。<皇帝は二度来る。そんな国が隣で牙を剥いていることを私たちは忘れてはならない>。

 2011年9月25日号。<皇帝は二度来る。そんな国が隣で牙を剥いていることを私たちは忘れてはならない>。  3時起床。長崎市。  さきほど新聞を買いに街に出て驚いた。長崎の定宿は繁華街なのだが、ホテルの扉をあけるといきなり喧騒に包まれる。それがことごとく20歳そこそこの若者なのだ。  長崎の読者の方がいれば教えて欲しいのだが、この3連休の最後の日の朝に長崎には何かあるんですかね?カラオケの入っているビルからグループが出て来る。そうすると別の集団が「おまえらもおっとと?」(長崎弁間違えていたらすみません。私にはそう聞こえた・笑)などと言っているのである。  路上はもう若者だらけ。この時刻に各地で新聞を買いに出ることはよくあるが、いつもシーン、もうその言葉をシ……ンと書きたいくらいにシャッター通りは死んでいる。なのに長崎はまるで日曜日の昼間の銀座のようなのである。酔っぱらっているだけもっと賑

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。