2009年12月15日号。<天皇陛下の胸中を代弁するという狂気の僣上の沙汰をした政治家は明治以来いなかったのではないか>。

 2009年12月15日号。<天皇陛下の胸中を代弁するという狂気の僣上の沙汰をした政治家は明治以来いなかったのではないか>。  4時起床。  小沢一郎民主党幹事長は日本国というものの「くにがら」について根本的な理解に欠けていると言わざるを得ない。  日本国の基本法は確かに日本国憲法である。しかし日本国の「国のかたち」は憲法と天皇陛下という両輪の上に乗っているのだ。  おおかたの日本人であればこのことは魂に染み込んだ考え方として頷くことだろう。  確かに天皇陛下の存在は憲法1条によって規定されている。しかし、あのシンプルな条文の背後には無数の私たちの歴史や叡知が積み上げて来た「慣習法」がある。  いつも私は天皇陛下というのは「兆し」だと言っているが「兆し」だからこそ、それは敢えて口にするものではなく、側近が代弁することによって運用されてきた。  皇室をめぐるさまざまな出来事が、政治の一大事と

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。