2009年11月21日号。<皇太子殿下にカミサンの歌を聞かせたあとで支那ナンバー2に乗り込まれる日本国政府の醜態と屈辱>。

 2009年11月21日号。<皇太子殿下にカミサンの歌を聞かせたあとで支那ナンバー2に乗り込まれる日本国政府の醜態と屈辱>。  3時半起床。大阪。  『たかじんのそこまで言って委員会』の昨日の収録ではご在位20周年ということで皇室について取り上げた。  さすがに忠臣揃いの出演者とあって(除・田嶋陽子先生・笑)ひとつひとつの発言にも背筋を伸ばしている雰囲気があって面白かった。  明日オンエアで、その前にネタばらしを書かないのが私の原則だがちょっと番組内で言葉たらずになっているかもしれないことがひとつふたつあるので、触れておく。事前に知っておいていただくと、見る時の理解が深まると思いますので。オンエア圏外の方にはそのこと自体を知って欲しいですし。  天皇家とは何か、というような問いに対して出演者がパネルにひとことを出す場面で、私はかなり長い文章を書いた。  <高き屋に のぼりてみれば 煙立つ 

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。