2009年11月9日号。<まだ駆け出しだったがベルリンの壁の崩壊のシーンに記者としてギリギリに間に合ったのは私の幸せであった>。

 2009年11月9日号。<まだ駆け出しだったがベルリンの壁の崩壊のシーンに記者としてギリギリに間に合ったのは私の幸せであった>。  3時起床。  ベルリンの壁が崩れてから今日で20年になる。この歴史的な日に談合ですべての新聞が休刊するというこの国は、メディアにとっては原始時代のような後進国だね。  会社のトップと直談判してでも「この日に自分の書いたものを世に出したい」と思う記者たちはいないのか。あるいは「うちだけは出す」という新聞社が出てくるまことにいい機会なのに。  <独現代史で最も幸福な日/壁崩壊20年、首相声明>  http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091107/erp0911072217005-n1.htm  <ドイツのメルケル首相は7日、東西ドイツ分断の象徴だった「ベルリンの壁」の崩壊20年を前に声明を発表、「1989年11月9日の壁崩

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。