2009年2月12日号。<W杯オーストラリア戦で流れたCMに日本軍がかの国を爆撃しているという驚くべきシーンがあった可能性>。

 2009年2月12日号。<W杯オーストラリア戦で流れたCMに日本軍がかの国を爆撃しているという驚くべきシーンがあった可能性>。  4時起床。  私は特にサッカーが好きだというわけではないのだが、どうも日本代表と他国の試合、それもW杯がらみになると、にわかサポーターになってしまう。  よく言われていることだが、やはり限りなく人間の脳に「戦争」に近い興奮を呼び覚ますからではないか。飛び道具などなかった時代、人と人とが集団で肉弾戦を闘っていた時代に刷り込まれた遺伝子が呼び覚まされるのかもしれない。  そうやって見ると、野球というのはあれはやはりどうしても飛び道具のスポーツなのである。中世から近代になって、離れた距離で殺し合いをするようになった「戦争」を思わせるのだ。肉体がぶつかり合う手応えがあまりない。武器ならぬ道具に依存するところもある。  実際の戦場でも、頭の上をロケット弾が飛んでいるよう

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。