2007年2月18日号。<個人情報という名の幻想の妖怪が日本国の上を迷走している>。

 2007年2月18日号。<個人情報という名の幻想の妖怪が日本国の上を迷走している>。  6時起床。東京は氷雨。今日の東京マラソンは走る人にはいいコンデションだが、見る側は寒いでしょうね。  今日は東京は一日、そのための規制で身動きがとれない。バイク便や宅配便も、あらかじめ「この日は遅れが出ます」のようなことを言っているようだ。地下鉄で動く私には関係ないが、車を利用している人はかなり不便だろう。  まあ、ある一日、都市機能を止めてマラソンをやるくらいの余裕が成熟した国家にはあってもいいと思うが、一連の話が出たあとだと、どうも石原慎太郎さんの「オレの東京」としての貌をかいま見たような気分にもなってしまう。  「都民や来都される方々には、ご不便をおかけするが」と、作家としての言葉で巧みなメッセージを肉声で発すれば、失地回復にもなるのになあ。  今では、一般の日本語になった感もある「スパルタ教育

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。