2020年7月23日号。<Go To トラブル? / 一芸百芸 ~将棋界のこと、書道界のこと~:水島二圭>

<Go To トラブル? / 一芸百芸 ~将棋界のこと、書道界のこと~:水島二圭>

 おはようございます。ヨロンです。

 午前中はマラソン以外の予定を入れない私ですが、昨日は朝9時に菊川駅集合で、某保育園に行ってきました。昨日は幼稚園と書きましたが、保育園の間違いでした。管轄省庁も運営形態も異なるので、正確に書かないといけないですね。

 私事になりますが、長野県上田市にある「聖ミカエル保育園」に、2歳半から通っていました。別にクリスチャンではなく、1歳上の幼馴染が「シゲルちゃんと行きたい~」と駄々をこねたので、付き合って行くことになったのです。

 その保育園には「上田聖ミカエル及諸天使教会」という協会が併設されていて、毎日礼拝がありました。一度礼拝堂の地下に忍び込んだことがあるのですが、そのとき暗闇の中で光り輝くキリスト像を見つけ、それがトラウマとなり、いまだに教会というと不思議な畏れの感覚があります。
 先週、その教会が国の登録有形文化財に登録されたということを、高校の後輩から教えてもらいました。
https://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/bunsho/happyou/200717press.html

 昭和7年に建築された建物がまだ残っていることには驚きましたが、このニュースを見て保育園のころの思い出がいくつか蘇ってきて、涙が出そうになりました。自分はあのころのままの気持ちを残しているだろうか……。

 話を戻します。保育園へは、以前も紹介した元タレントの小阪有花(タレント時代は「小阪由佳」)さん、相棒の“ひとり電通”石山城君、『鉄輪のカゲ・ルイ』というマンガの作者の井上菜摘さん。日本郵便の担当者と、俳優の千葉雄大君にちょっと似た感じのライターの川西景翔君という、不思議な集団で行きました。
『鉄輪のカゲ・ルイ』については、まだ話せないようなのですが、今後世界展開に向けて準備が進められています。
鉄輪のカゲ・ルイ(無料公開)
https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/593993/A002397936/

 以前、保育事業を行っている小阪有花さんを迎えて対談したときに、私は「僕は子どもは嫌いなんです」などと言ってしまいましたが、昨日はその偏見が吹っ飛び、完全に癒やされて帰ってきました。
 興味や感情が直接溢れてくる姿を見ていると、「こんな時代に生まれてしまって、ごめんね」と謝りたくなってしまいました。たまたまそんな子どもばかりがいる保育園だったのかもしれないし、自分が年をとっただけなのかもしれませんが。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。