2019年4月9日号。<逃亡の旅 第十一回 ~比叡に逃げる~:花房観音>

 おはようございます。ヨロンです。  東京は、桜も散るころだというのに、昨日は冬に戻ったような寒さでした。体調を崩してしまった人も多いでのは。 <紙幣 20年ぶりに刷新へ 一万円札に渋沢栄一ら> https://www.sankei.com/economy/news/190409/ecn1904090002-n1.html <政府が一万円などの紙幣を20年ぶりに刷新する方針を固めたことが8日、分かった。新札の肖像画には、一万円札が「資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一、五千円札は津田塾大創始者の津田梅子、千円札は「近代日本医学の父」といわれる医学博士の北里柴三郎の起用を検討している。>  産経新聞の記事を引用しましたが、日経や共同は2004年以来という記述になっています。  調べてみると、一万円、五千円、千円札が新しくなったのは2004年。このときが「20年ぶりの新デザイン」ということ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。