2019年2月12日号。<逃亡の旅 第七回 ~熱海に逃げる~ :花房観音>

 おはようございます。ヨロンです。

 これから帰京します。現在(8時16分)の外気温は0℃。
 東御市(長野県)の実家には昭和8年生まれの母が弟と住んでいるのですが、元気すぎるほどです。昨夜も、いつも行く「多喜亭」という和食処で、絶品のヒレカツ定食(並)をペロリと平らげていました。前回、10月の終わりにきたときより、少し耳が遠くなったのと物忘れの頻度が増えた程度。
 耳が遠くなってきたせいで、テレビの音を大音量で流しています。一度は補聴器を考えたのですが、どうなんでしょう。耳に違和感があるのと、いろんな音がはっきり聞こえてイライラしてしまうのではないか。母も全く考えていないようです。
 現在親の介護中という方も多いと思います。弟に任せっきりにして2~3ヶ月に一度帰るだけの私は、いずれ来る現実を考えておく必要があります。

 観音さんのコラムです。これだけの伏せ字は『××な日々。』初ではないでしょうか。しかし、これをそのまま書いてしまったら、おそらくdocomoを始め、Apple系やAOLなどのメールには届かないでしょう(苦笑)。
 内容は衝撃的で、私の頭にはKISSのコンサートが浮かんできました。KISSというのはこんな感じのアメリカのロックバンドです。
https://www.youtube.com/watch?v=gSmB4ay7IFk
 この化粧は日本の歌舞伎をモデルにしています。以前も書きましたが、勝谷さんが『スッキリ!』でKISSと記念写真を撮ったのを自慢していました。私は、ももクロとの写真を見せられてもなんとも思わなかったのですが、これだけは悔しくて「なんだよ、知らないくせに!」と怒ったのを思い出します。

 途中は衝撃的なのに、最後は観音さんの「情」が感じられてほっこり。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。