2017年10月8日号。<少しだけ義理もあって政治の季節にはつきあう。あとは?さて>。

  • <安倍晋三首相の遊説にヤジや妨害相次ぐ/非公表のはずが/ツイッターで飛び交う日程>
  • <白井健三の躍進秘話、内村航平から「お守りいる?」>

 

 3時起床。
 窓をあけて書いていると鳥のさえずりがずっと聴こえている。湿度に浸された緑の匂いも漂って来る。近くに大きな道もないので、車の音は一切聞こえない。葉緑素の香りのいくつかは近くの宮城の杜からやって来るのであろう。これほど大きな杜は都内にはそうはない。私は杜がないと生きていけない自然動物で、だから軽井沢くんだりに家を建てた。都内でも結婚していたころは緑深き世田谷に住んでいた。まあ、そういうドラマのような人生を夢見たわけよ。一瞬は。
 日曜日なので、つい回想モードになるのを許してもらおう。こうして私の恥ずかしい過去を盗み見るのがもっとも楽しいという、歪んだ読者も…いえ、ありがたいことです。小説家などというのは、太宰治大先生をはじめとして、たいがいそれで食っていた。私は大嫌いで、私小説家を馬鹿にしまくっていた。もっと壮大な物語を書くのが作家というものではないかと考え、公言し、論文にもしてきた。それがなあ。この歳になって、だんだんとそっちへ堕ちていっている。いいんだもの。オノレの人生なんだから。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。