2017年2月17日号。<沖縄反日左巻きから極悪のように言われる『ニュース女子』には日本の最高の痴性…もとい知性が集っている>。

  • ニュース女子
  • <京都府立医大の学長が暴力団幹部とたびたび会食>
  • <2つの会津小鉄会/山口組分裂「京都戦争」最前線ルポ>
  • <天声人語/金正男氏の毒殺>

 3時半起床。
 散歩に出ると、空気がぬるっとするほど暖かい。春の前髪が見えて来る。花粉症に悩んでいたころは春が本当に嫌いだったが、なんだかわくわくするようになったのは、人生の秋も終わりつつあるからか。よく「後ろ向きなことは書かないで下さい」というご意見が来るが、別に後ろ向きではないのですよ。その季節だからこそできないことがある。大切なのは、その季節であると自覚することだ。もう、何も持っていても仕方がないならば、乾坤一擲の日本国のための論陣を張ってやろうとも思うじゃないですか。坂本龍馬と桑田佳祐が同じことを言っている。「前のめりに倒れて死んでいきたい」と。

 『ニュース女子』の収録だった。今やウェブ上では大人気の『ニュース女子』である。ここでも騒ぎの原因を取り上げましたね。1月28日のことだ。こうお願いした。
 <『ニュース女子』。報道各社はもっと私のところにコメントをとりに来て下さいよ。沖縄論について縷々語ってあげるから。来てくれないといやなので、ここではまだ書かない。ごめんね。わが愛する読者のみなさんには、またあとでちゃんと。ちょっと餌を大マスコミの方々にまいてみたわけだ。今回の話題が面白そうだなあというのは、あなたや、あなたにはおわかりだと思う。「朝鮮と沖縄」だ。どちらもそれは気の毒な歴史を持っている。戦後半世紀をはるかに越えて、それを「カネ」にかえている国や地域はない。>

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。