2017年2月18日号。<北朝鮮が「動揺」しているように見える金正男暗殺の真犯人は誰か>。

  • <金正男氏の遺体引き渡し要求/死因「心臓まひ」と伝達/北朝鮮大使>
  • <震災で涙流すうさこ/絵本で平和願う ブルーナさん死去>
  • <作曲家の船村徹氏が死去/「矢切の渡し」や「兄弟船」>
  • <アメリカ大使館のエルサレム移転>

 2時起床。
 何も好き好んで起床したのではなく、電話で起こされたのである。「何か情報はあるか」半島系の情報関係者だ。時差はほとんどないので、あちらも徹夜で仕事をしているのだが、いい迷惑である。「ないよ。もうそういう現役は引退したんだよ」。だがあちらが混乱していることは確かだ。金正男タヌキさんは、本当に北朝鮮が暗殺したのか、どうなのか。その手口のダサさはここでも指摘してきたが、かなりひどい。北朝鮮はなにか焦っているように見える。私の感触では「自分たちがやっていないのに、やられた」という印象がぬぐえないのだ。
 <金正男氏の遺体引き渡し要求/死因「心臓まひ」と伝達/北朝鮮大使>
 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021800068&g=prk
 <マレーシア駐在の北朝鮮大使は17日深夜、声明を発表し、クアラルンプール国際空港で殺害された北朝鮮の金正男氏の遺体を「遅延なく引き渡す」よう強く要求した。またマレーシア警察が行った検視結果について「われわれの許可なく、一方的に行われた」として受け入れを拒否した。
 北朝鮮大使は、金正男氏の死因を「心臓まひ」とマレーシア側から伝えられていたと主張した。
 大使は、金正男氏の遺体が安置されているクアラルンプール市内の病院で記者団に声明を配布した。>

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。