2014年7月24日号。<ベネッセで大流出、古巣のマックでは偽装肉。原田泳幸さん八面六臂で実は「時のひと」>。

2014年7月24日号。<ベネッセで大流出、古巣のマックでは偽装肉。原田泳幸さん八面六臂で実は「時のひと」>。  4時起床。  ビジュアル編集者、そのあと自身がそれを職業とするようになって、多くの写真家とつきあってきた。写真家の経歴は、専門学校や大学で学んだところから語られる場合がほとんどだが、そのかなりが実は「街の写真館」の師弟だったりする。逆に、デジタル技術の普及によって素人でもほどほどの写真が撮れるようになり、アーカイヴも充実して仕事がなくなると、中央での仕事をやめて故郷の写真館のあとを継ぐ人も多い。  「街の写真館」の「写真家」はこの国の写真界を支えてきた大切な基盤なのだ。だから以下のニュースが私には嬉しかったし、かなり羨ましくもあった。こうした出会いを企画した側近はいいセンスをしている。昨日書いたようにハンセン病元患者の方々の施設を慰問された天皇皇后両陛下は、またしても被災地に足

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。