2014年5月13日号。<「左巻き 貫く一本 美味しんぼ」(本歌は虚子ね)。雁屋哲さんという存在がやっと明らかになる>。

2014年5月13日号。<「左巻き 貫く一本 美味しんぼ」(本歌は虚子ね)。雁屋哲さんという存在がやっと明らかになる>。  3時半起床。またまた大阪。  30時間ほどの「東京滞在」はまさにSturm und Drang。独逸文学のそれではなく、気分として(笑)。北杜夫先生が『どくとるマンボウ青春期』で旧制松本高校時代の精神として描かれ、子供のころから憧れてきたものだ。その動きにふさわしく、昨日の東京は蒼天ながら強風がふきすさぶ。『ザ・ボイス』の中では総武線が架線にモノがひっかかって止まったとの速報を流したほど。沿線の農家の温室から破れて飛んできたビニールであることが多いのだが、どうだったのか。通勤時間帯にひっかる前に解消してホッとした。  その風の中を早朝から『スッキリ!!』。山口もえちゃんが番組宣伝のために来ていた。呑み友だちのもえちゃんと7時ごろに顔を合わせるのは新鮮だ(笑)。美人マネ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。