2013年9月7日号。<なるほど「アスリートとしての宮崎駿」ならば引退会見はあって当然だと思わせた彼の言葉>。

2013年9月7日号。<なるほど「アスリートとしての宮崎駿」ならば引退会見はあって当然だと思わせた彼の言葉>。  3時起床。大阪。  訂正をひとつ。勢いだけで書いていると、こういう間違いをする(泣)。昨日、ボクシングのスタミナについて「増槽」をたとえとして使いましたよね。本体の燃料を使い切ったあとに、増槽から補給するというようなたとえで。あれ、逆なんです。  増槽は最初に使う。そのあと空気抵抗を減らすために切り落とす。中に燃料が入っていても空中戦になると思うと落としてしまう。その光景がなかなか潔くて私は好きなんですが、なんであんな間違いをしたのか。  もっとも「ガス欠のあとの予備タンク」とか書いても美しくないしなあ。まあ、語感として使いたかったということでカンベンして下さい。そうだなあ、むしろボクサーが計量を終えたあと、スタミナをつけるためにがっつり食うのが本当の増槽なのかも知れませんね。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。