2013年9月6日号。<五輪招致会場で喋れば喋るほどドツボに落ちていく。日本国の発信力はこの程度だとまずは自覚しよう>。

2013年9月6日号。<五輪招致会場で喋れば喋るほどドツボに落ちていく。日本国の発信力はこの程度だとまずは自覚しよう>。  4時起床。  いきなり趣味の話で恐縮ですが(笑)。試合が近づいてきたので、いよいよ今日からスパーリングを開始する。ヘッドギアをつけているとはいえ、ホントに殴りあうわけなのでまあ、回数は少ない方がいい。とくに脳の血管が古びている年寄りは。とはいえ実戦カンと度胸をつけるためにはある程度はやらなくてはいけないというジレンマ。  最初のころはいやあ、怖かったですよ。でもいまは楽しみになっている。「ガード」と「距離の見切り」が少しはできるようになってきたからですね。これは人生のあらゆる場面で言えることだ。「攻撃」は誰だってできる。アホな映像をウェブ上に垂れ流して自爆する方々も「攻撃」はしたわけである。ところが「ガード」と「距離の見切り」つまり、反撃された時の準備と、世間の反応と

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。