2011年2月28日号。<カンニングもバス横転も、日本人の妄想的性善説はひどすぎる>。

 2011年2月28日号。<カンニングもバス横転も、日本人の妄想的性善説はひどすぎる>。  3時半起床。  夜半から東京は激しい雨が降っている。西から来た雨のようだ。昨日も触れた新燃岳周辺での土石流などが気にかかる。それがなくても水を含んだ火山灰は重く、乾くとコンクリートのようになるだろう。  都会に住むどうでもいい連中を弱者扱いして騒ぐ連載ではなく、新聞はちゃんとこうした被災地の話を継続して記事にすればどうなのか。  といってもしないでしょうね。地方の農村部などは地元紙の天下だ。そんなことを記事にしても大手紙の部数は増えない。それよりも都会でビミョーにまだしもインテリを気取って朝日新聞をとっているような人びとに「もっと下がいる」と弱者の物語を読ませて自己満足させる方がカネになるのである。  せめて私たち自身は想像力を持ちたい。自分の上に降っているこの雨が、宮崎や鹿児島だけではなく、さまざ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。