2010年7月18日号。<豪雨で何人亡くなっただけではなく「どうすればいいのか」の新たな発想がなぜこうも政治とメディアから出てこないのか>。

 2010年7月18日号。<豪雨で何人亡くなっただけではなく「どうすればいいのか」の新たな発想がなぜこうも政治とメディアから出てこないのか>。  4時半起床。  梅雨が明けた。昨日、宿から読売テレビへ向かう車中で私はすぐにそう悟ったのである。大坂城公園あたりを走っていると、車の中でも蝉の声が降るようであった。今日もお送りする『天国のいちばん底』の少年たちが歩いている季節のように。  私は実はあまり夏が好きではないのだが、梅雨明けというのはひとつのカタルシスではある。スコーンと何かが抜けた感触がある。しかし、今年の梅雨明けはあまりに残酷だとも思うのである。  テレビは西日本を中心とした豪雨の被災地からの中継をしきりにしている。レポーターの背後では蝉しぐれがこちらでも降るようであり、もう何もなかったように夏の太陽が照りつけているのである。その中で行方不明者の捜索や、なにもかも失った人々が呆然と

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。