2010年7月12日号。<「自民党の勝因」を誰も語れぬところ今のこの国の政治の切なさがあるなあ>。

 2010年7月12日号。<「自民党の勝因」を誰も語れぬところ今のこの国の政治の切なさがあるなあ>。  3時半起床。  選挙のせいで今日は新聞が届くのが遅い。読めずに日記を書くことになる。  参議院選挙の民主党は「惨敗」と言っていいだろう。ひとことで言えば「バチが当たった」のだと私は思っている。  私はずっと自民党を「信用できない男」であり民主党を「頼りない男」だと言ってきた。「頼りない男」にまだしも魅力が出てきたとすればそれは「謙虚さ」であったはずだ。ところが「分際を忘れて」「つけあがった」ことに対してつきあっている相手たる有権者はみごとにノーをつきつけたのである。  にもかかわらず民主党の代表であり首相でもある菅直人さんは敢えて敗因を消費税のせいにしようとしている。  <菅首相「改めてスタートラインに立った気持ち」>  http://www.yomiuri.co.jp/election

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。