2010年7月5日号。<幹部が「1日2日の遅れはよくある」と言い放つゆうパックなんか今後誰が使うものか>。

 2010年7月5日号。<幹部が「1日2日の遅れはよくある」と言い放つゆうパックなんか今後誰が使うものか>。  3時半起床。  鹿児島空港を昨日の12時5分の便で飛び立って東京に戻って来た。  阿久根市から空港までは竹原信一市長が自らハンドルを握って送ってくれる。さすがに市職員の給料を徹底して削ろうという方だけあって、前日に会ってから彼の回りに「お世話をする人」を見たことがない。市どころか村や町に行っても首長の回りにはかならずその髭の塵を払う連中がウロウロしているのを見ているので、なかなか痛快であった。  似た人を私は知っている。田中康夫さんだ。知事時代、いつも資料を入れた紙袋をいくつも持って新幹線で飛び回っていた。「安全のためにも誰かひとりつけた方がいいですよ」と言ったのだが、行政費の無駄を排することを信条とする彼が聞き入れるわけはなかった。しかし、脱記者クラブで対立していた大マスコミは

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。