2010年6月2日号。<「本誌既報通り」(笑)首に鈴をつけられるも親指たてて平然の宇宙人は凄いなあ>。

 2010年6月2日号。<「本誌既報通り」(笑)首に鈴をつけられるも親指たてて平然の宇宙人は凄いなあ>。  4時起床。  起きると部屋の中が寒い。6月ですよ。しかし飲み物を買いに外に出て、陽があたっているところを歩くうちに身体が温まってくる。まるで変温動物だ(苦笑)。  科学的根拠はないのだが、以前にも触れたように「蓄熱」が圧倒的に足りない気がする。現に降り注いでいる陽光は、6月にふさわしいものなのかもしれない。しかし、本来この季節までに大地がため込んでいるべき熱が今年はないように感じられるのである。  まったくの文系人間の直感なのだが、こう書いていると女性の方を中心に「そう思う」というメールをいくつかいただいた。  昼間、家におられる主婦の方々は、定点観測の天才だ。家の中の部屋の温度が、例年とは明らかに違うと教えてくれたのだ。  ようやく私のその「直感」を気象庁が数字にして出してくれた。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。