2010年5月9日号。<報じられたものに行列を作るという卑しさを大マスコミの中では言えない滑稽。私は言っているから嫌われる(笑)>。

 2010年5月9日号。<報じられたものに行列を作るという卑しさを大マスコミの中では言えない滑稽。私は言っているから嫌われる(笑)>。  4時起床。軽井沢の自宅。  この時期、太陽は窓の左側から昇る。しかし、その登り方が実にまだるっこしくてイライラするのである(笑)。  山の際が紅に染まる。ようやく木肌から緑を萌えさせはじめた樹々が浮かび上がる。下に見える旧軽ゴルフ場の柴はもうすっかり昼間のように輝いている。しかし、そこから実際に日輪が見えるまで、30分はかかるのである。  鳥たちはもうその間に朝だと決めてかかっている。鳥の声がもっとも聞き分けられるのはこの時刻ではないか。  私はグラスを持ってベランダに出る。冷気が身体を引き締める。日の出の序幕が長いのはこの時間をくれるためではないかと、勝手に決めている。  グラス一杯の泡酒が胃の腑に落ち身体が冷えきるころ、ようやく日輪を乗せた馬車が駆け

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。