2009年12月3日号。<「野党として追及してきたことがいかにちっちゃいものだったかわかった」という蓮舫議員の私への呟きの重み>。

 2009年12月3日号。<「野党として追及してきたことがいかにちっちゃいものだったかわかった」という蓮舫議員の私への呟きの重み>。  4時起床。雨の東京。一晩だけこちらにいて、また今夜から大阪である。次に帰ってくると誕生日だ。  誕生日には迂闊屋どもが何やら企画しているらしいので、その日の朝のメールは刮目して待っていて下さい。配信と同時に見るように(笑)。  そうだった。一昨日、蓮舫議員と話した「事業仕分け」の内容について翌日書くと言っておいて、そのままになってしまっていた。こういうの、よくありますね。せめて前日に書いた内容について反省してから当日の日記を書くようにしたいものです。  番組に流れなかった彼女の言葉で印象的だったのは「これまで野党で、鬼の首をとったように追及してきたことが、どれほどちっちゃなことだったかがわかった」ということだった。与党となってすべての情報を手に入れることが

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。