2009年12月2日号。<北朝鮮に拉致された同胞を奪還するために海外に意見広告を出す企てについてひとつの報告ができることなど>。

 2009年12月2日号。<北朝鮮に拉致された同胞を奪還するために海外に意見広告を出す企てについてひとつの報告ができることなど>。  3時半起床。博多。  西に来ると夜明けはいっそう遅い。だからいい光景も見ることができる。  昨夜はほぼ満月だったのかな。その満々たる月が窓外にあるのである。ゆったりと博多の街の上に漂っている。ある種の性的な香りを天空から漂わせているさまは、しかし博多の街にはまことにふさわしいと思うのであった。  いつも番組でもローカルエリアばかりの話で申し訳ないと思っているだが、またローカルな話である。首都圏の方は、ぜひ今日の読売新聞を読むか、あるいは買っていただきたい。そのエリアだけの広告なのだ。  今日の読売新聞には、拉致された同胞を奪還するために私と仲間たちが海外のメディアに広告を出そうと言い出し、それに多くの義士義人たちが浄財を寄せて下さったことを報告する広告が出て

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。