2009年3月7日号。<「おまえ凄いな」と言われたら「『ムーブ!』崩れですからね」とシレッと言いながら、何年かたったらまた一緒に仕事をしようね>。

2009年3月7日号。<「おまえ凄いな」と言われたら「『ムーブ!』崩れですからね」とシレッと言いながら、何年かたったらまた一緒に仕事をしようね>。  4時半起床。冬型の気圧配置なのだろう。大阪の空は典型的な冬のそれに戻っている。とはいえ、六甲山が霞んでいるあたりに、春の足音も感じられるのである。  『ムーブ!』の最終回に立ち会いたくて大阪へやってきた。日曜日にこちらで出席する慶事があるので、それまでこのまま居続けることにする。  『ムーブ!』の終わり方については、後半で書くことにしよう。  この国の大マスコミこそが最悪にして最後の利権談合共産主義であるということはかねてから私が言ってきたことだが、とうとう、開き直ったとしか思えないことを言い出した。  この国民をナメているとしか思えない「政府高官」の発言については昨日紹介した。  <西松建設事件/政府高官「自民側は立件できない」>  htt

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。