2008年12月6日号。<勝谷誠彦48歳。欲しいものなし喪うものなし。役立つなら道具として良民常民のために使いたまへ>。

 2008年12月6日号。<勝谷誠彦48歳。欲しいものなし喪うものなし。役立つなら道具として良民常民のために使いたまへ>。  4時起床。  まだ外が真っ暗な大阪のホテルで独り、48歳になって最初の朝を迎えている。  次の年男はもう還暦だ。わははははは。  毎年そう思うのだが、48回目にしてもっとも愉快な誕生日だ。世界はますます混乱し、だから私の人生はますます愉しい。明日もお送りする『天国のいちばん底』を生きていたころ、まさか自分の人生でこんな愉快な日々が来るとは思わなかった。  改めて言うが、愉快である。  この日記あてに送っていただいているメールのボックスをスタッフのメールに促されてあけてみると、誕生祝いのメッセージをさっそくたくさんいただいていた。  ありがとうございます。  みなさんあまり私の人生を心配はしていないようで「歯がない人生でしょうが」などと、心の中で「シシシシシッ」と笑い

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。