2008年12月5日号。<経営者が莫大なカネをガメているわけではない日本的経営の良さに今世界が注目している中でリストラをどうするかだ>。

 2008年12月5日号。<経営者が莫大なカネをガメているわけではない日本的経営の良さに今世界が注目している中でリストラをどうするかだ>。  4時起床。  大阪の空では冬の雷が鳴っている。  雷だと気づくまでに少し時間がかかった。夏のものだという思い込みがあったのだろう。  最近の世情のせいで私の神経はささくれ立っているのか(苦笑)咄嗟に思ったのは「遠いところで砲撃をしている」ということだった。そんなわけねえだろ(笑)。  ドロドロドロというようなその音は、ある意味で戦場では安心な音だと聞いた。あっちの方で撃ち合いで忙しくて、こっちには来ないや、と思うらしいのである。  「砲声だな」と思ったのはまだ半分目覚めていないころだ。きっと夢の中の深層心理からそのままつながっていたのだろう。ということは、私の中でいま何だかそういう感触が育っているということだ。  田母神俊雄前空幕長の発言なども関係し

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。