2008年9月20日号。<社保庁や農水省の役人どもの微妙な態度の変化。しかし寄生虫の宿主乗り換えを許してはいけない>

 2008年9月20日号。<社保庁や農水省の役人どもの微妙な態度の変化。しかし寄生虫の宿主乗り換えを許してはいけない>。  4時半起床。  昨日はいつもよりも不達になってしまった方が多かったようで申し訳ない。  届いておられぬ方はご遠慮なくご一報いただきたい。休日も関係なく働いているスタッフが(迂闊屋に何か書かれそうだな・苦笑)迅速に対応する。  スタッフによると原因はどうやらタイトルにあったようだ。<淫蕩なまでの生サバの刺身>の淫蕩が、駄目だというのである。本文中ならいいが、タイトルにあるとプロバイダーのフィルターにひっかかるのだと。  ふざけるなと言いたい。これでも私は言葉を選びに選んで書いている。それが職業だからだ。淫蕩という言葉は食べ物の表現にはまず使わない。しかし、そうではないところからニュアンスを持ってくるのが、文章を書く人間の楽しみである。  怒りの要素は二つある。  ひとつ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。