2008年9月16日号。<リーマン・ブラザーズの破綻は決して対岸の火事ではなく私たちの人生に直接影響を及ぼすことになるかもしれない>。

 2008年9月16日号。<リーマン・ブラザーズの破綻は決して対岸の火事ではなく私たちの人生に直接影響を及ぼすことになるかもしれない>。  4時起床。  あるいは1929年の世界恐慌以来の出来事に、80年ぶりに私たちは直面しつつあるのかもしれない。  <米リーマン、経営破綻/破産法を申請>  http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080916AT2N1504215092008.html  <経営難に陥っていた米4位の大手証券リーマン・ブラザーズは15日午前、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請した。先週末から米連邦準備理事会(FRB)や財務省を交えた協議で、大手金融機関への身売りなどを模索してきたが不調に終わり、法的整理を余儀なくされた。>  日本国の劣化は利権談合共産主義の破綻が原因なのはもちろんだが、もっと分かりやすく言う

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。