2008年9月14日号。<秋のひと日、同窓生たちと丹波は篠山の街に行ってきた話など>。

 2008年9月14日号。<秋のひと日、同窓生たちと丹波は篠山の街に行ってきた話など>。  3時半時起床。  尼崎の実家。  日記に目途をつけて座敷牢と言われている私の部屋である離れから階下に降りると、ちょうど一家が朝食を食べている。  弟は病院の当直で不在で、義妹とその子どもたち、そして80歳の老父が食卓を囲んでいるのである。  亡くなった母がそうだったが、どうも勝谷家の食卓を預かるものは、料理の傾向が酒肴に偏るようで、そのまま肴になりそうな品々が並んでいるのであった。  三連休の真ん中。真っ暗な窓の前で恐らくはシャブ中のテキ屋であろう男が暴れたことなど  <祭りの露天商、カマで切りつけ1人死亡6人けが…石川・白山>  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080914-OYT1T00083.htm?from=navr  世間や世界でで起きてい

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。