2008年8月21日号。<福島県立大野病院産科事件の判決をどう評価するかで今後の日本の医療崩壊の行方は変わってくる>。

 2008年8月21日号。<福島県立大野病院産科事件の判決をどう評価するかで今後の日本の医療崩壊の行方は変わってくる>。  4時半起床。  昨夜は来年に予定されている灘校の卒業30周年同窓会の打ち合わせで同級生たちと痛飲した。  結構な人数で延々と呑む予定を別の打ち合わせの相手に雑談の中で喋ったら「それで充分に同窓会なんじゃですか」と言われてその通りだと苦笑。でも、本番は100人近くになると思うので、綿密な下準備が必要なんですよ。  呑みながら、いや話しながら(苦笑)夕方にちらちらとあちこちで見ていた五輪の女子ソフトボールのことを思い出していた。  中学高校時代をモチーフにした『天国のいちばん底』だが、実はあのころの私の日々の中で、ひとつだけ大きく削ったことがある。それがソフトボールだ。  運動部には入ったか、入っても数日で辞めたり追い出されたりした私だが、ずっとやっていたのがソフトボール

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。